ページトップへ

安全への取り組み

安全大会(会議)の実施

毎月1回全社員が集まり、安全についての会議を実施しています。現場責任者より現場での「ヒヤリハット」の事例を共有をすることで、全社員の安全への意識の向上に努めています。


安全パトロールの実施

長期工事の現場では現場監督だけでなく、第3者監督による安全対策をしています。
弊社では、社長自らが第3者の監督となり、現場の安全管理状況を確認し、把握しています。


安全書類の作成

現場の施工に先駆け、発注者様のご依頼に応えて、作業手順書や作業員名簿、使用機材点検表等の安全書類を正確かつ迅速に作成し、提出いたします。これにより、事故や災害を未然に防ぐことにつながります。


危険予知活動の実施

毎日の作業開始前に、作業員みんなで今日起こりうる事故や災害を予測し、これらを防ぐためには何をすべきかを話し合い、今日の重点目標を定めます。事故や災害を可視化することで安全に努めています。